読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気分屋オタクの独り言

趣味が多すぎて収集つかないオタクの日々

今年のコンサートは荒れ過ぎる

※昨日の関ジャニ∞のコンサートの話をしてますがネタバレはありません!!

 

昨日私は、ハリー・ポッターシリーズの新作、「ファンタスティックビート」を観に行ってました。

 

見終わり、さぁ感想を呟こうとTwitterを開くと、TLが新千歳空港行きの飛行機が欠航してコンサートに行けないエイターの声で溢れていました。朝のニュースで北海道が豪雪なのは知っていたのですが、まさかエイターが乗ってるまたは乗る予定の飛行機が飛ばないなんて。

 

 同日に開催のモー娘。16の札幌公演は13時頃中止発表になって、沢山のハロオタがメンバーに会えなくなっている状況。これはカオス状態だ、ヤバいと東京住みの私も思いました。。。

 

 

ここから公演開始までの流れや動きはあちこちのブログやSNSで書かれていますが、まさかモー娘。の公演に参戦予定だったハロオタがエイトのコンサートに来ることになるなんて誰も思わなかったはず。エイターもハロオタもメンバーたちも。

確かに、冷やかしや空席は可哀想だし・・・とか色々な理由で来たんだと思いますが、私の見聞きする限り彼らはエイトのパフォーマンスに満足して帰っていった。



今回の出来事は、種類は違うけれどNEWSの「パーナーさん事件」を思い出させました。当時、ジャニオタとは全く縁の無い違うジャンルにどっぷり漬かっていた私のTwitterアカウントにまでRtが回ってきたほど。私やフォロワーたちは「パーナーって何?パンが好きな人?」「NEWSって誰?テレビ?」と訳が分からないまま流れてきた呟きをリツイートした記憶があります。今にして思えば、事件というより騒動ですね。

 

その時同じオタクとは言え、ネットの力のスゴさをその時思い知らされました。

 

 今回の関ジャニ∞のコンサートは全く違う代物ですが、ネットの力、特に影響力の大きいエイターとハロオタが交流する奇跡的な出来事となったことは確かだと思います。

 

関ジャムに1年前モー娘。が出演したことも大きいし、マツコと共演している村上信五くん(あえてフルネームで呼びます)の知名度のお陰じゃないかな、と。村上君は色んな意味で結構男に好かれるタイプなので、村上君目当てのハロオタが結構多かったのでは無いでしょうか。

それから、札幌などに遠征するハロオタの何割かは関ジャニ∞と同世代なので親近感沸いているのかも。あと、関ジャニ∞→面白い→楽しそうなコンサートをしてそう→じゃあ行ってみる?というパブリックイメージが大きいのでは?

 

これがキスマイだったらどうなんだろう。

キスマイのコンサートチケット代を支払って観る価値があるコンサートだと、観る前の「ファンじゃない人たち」にどれだけ来てもらうだけの付加価値があるものアピールできるか、まだまだ武器が少ない気がする。



にしても、関ジャニ∞は前回のツアーラストは大倉君が腸閉塞。今回の初日は豪雪でエイターが会場に着けなかった。

今年は厄年?これ以上何も起きないで欲しい。